YouTube Kidsを設定しよう!子供の視聴に最適な機能

タイトル「YouTube Kidsを設定しよう!」

子供がぐずったり、おとなしくしていてほしい時に

頼ってしまいがちなYouTube。

しかし通常のYouTubeには、

子供の視聴に適さないコンテンツがあるのが

現実です。

そんな問題点に着目してGoogleが提供しているのが

『YouTube Kids』です。

いわゆるYouTubeの子供向けサービスとなっていて、

保護者のアカウントでログインし、設定を行うことで

利用時間の制限や、

4歳以下(もしくは7歳以下、12歳以下)の視聴に

適さない動画を見られないようにすることができます。

今回はこの『YouTube Kids』でできること、

メリット・デメリットを紹介します。

YouTube Kidsとは

冒頭のおさらいになりますが、

『YouTube Kids』はYouTubeの

子供向けバージョンです。

子供にふさわしくないコンテンツを

見られないようにすることができます。

利用時間の設定

1~60分の間で設定できます。

視聴可能コンテンツの設定

年齢別のでの設定や、親による個別の設定も可能です。

※動画したのコメントは画面からの引用です。

未就学向け(4歳以下)

“お子様は、創造性、遊び心、学ぶ力、探求心を伸ばす動画を視聴できます。”

小学1~2年向け(5~7歳以下)

“お子様は歌、アニメ、工作など幅広いトピックから検索できます。”

小学3~6年向け(8~12歳)

“お子様の自立を育むとともに、より広範囲なミュージックビデオ、ゲーム動画、家族をテーマにしたvlog(動画ブログ)、科学に関する動画などを検索できるようにします。”

保護者が許可したコンテンツ

“お子様は保護者の方が承認した動画、チャンネル、コレクションのみを使用できるようになります。”

設定方法

  • Google Play版
  • iOS版
  • ウェブ版

の3つの種類がありますので

ご利用されている端末に合わせたアプリを

ダウンロードしましょう。

(ウェブ版はブラウザ上で設定)

基本的には案内に沿って進めるだけです。

今回はAndroid(Google Play版)で行います。

途中で保護者のGoogleアカウントが必要に

なりますので、ない方は作ってください。

(ウェブ版の人はhttps://www.youtubekids.com/

アクセスしましょう)

右の「私は保護者です」をタップ。

右側の > をタップ。

保護者の生まれた年をタップ。

保護者のGoogleアカウントでログイン。

子供のプロフィールを作成。

ここまで来たら、あとは案内に沿って進んでください。

これで、おおむね設定完了です。

あとは検索窓の有無なども変更できます。

プロフィール設定を間違えた場合は、

右下の南京錠のマークをタップして

案内されるパスワードなどを入れると変更できます。

まとめ

YouTube Kidsについては意外と知らない人も

多いのではないかと思い、今回紹介いたしました。

おもちゃレビューなどの動画も

子供に人気がありますが、

自動では表示されないようです。

そういった場合は検索窓にキーワードを入れれば

ある程度見ることができます。

設定も簡単なので、ぜひ使ってみてください。

タイトル「YouTube Kidsを設定しよう!」
最新情報をチェックしよう!