絵本の読み聞かせをしよう【効果は抜群!デメリットはほぼ無しです】

小さなお子さんがいる家庭において、

『絵本』との関わりは切っても切れない関係のひとつかと思います。

文部科学省が推奨していることもあり、

幼稚園での絵本の読み聞かせは、

当たり前に行われている光景です。

もちろん保育園でも0歳児クラスから行われています。

最近では「ブックスタート」という活動が広がっており、

新生児が生まれると、自治体から絵本が1冊プレゼントされる

というところもあり、我が家でも受け取ってきました。

では、そもそも絵本の読み聞かせは行われてきたのでしょうか。

デメリットは全くないのでしょうか。

結論からいって、デメリットは購入費用や時間がとられることくらい。

子どもにとってはメリットしかないです。

本記事では、絵本の読み聞かせがもたらす効果と、

読み聞かせをする際のコツを紹介します。

何事にもデメリットというものは少なからず存在します。

ただ絵本においてのデメリットは、

ほぼ大人の都合によるものだけです。

子どもを優先に考えるのであれば

あまり気にしなくていいと思いますが、

育児をする側としてもストレスが溜まってはいけません。

ここでは自宅での読み聞かせに絞って、

発生しうるイライラの種、ということで書いていきます。

慣れない内はとにかく疲れる

最初のうちはとにかく疲れます。

子どもを座らせ、後ろや隣で本を開く。

つっかえながらもなんとか読む。

抑揚をつけたり、軽く演技したり。

普段やらない姿勢で、普段やらないことをやるので

結構疲れます。

それも1冊で終わりませんからね!(笑)

すぐには終わらない、時間がとられる

そう、1冊では終わらないのです。

もう1回、もう1回。これが何度も続きます。

やっと終ったと思ったら、「次これ読みたい」

我が家の長男はまさにこれです。

1日に何冊が適量か、などと調べると

10冊以上の数字が平気で出てきます。

その通りやろうと思ったら、時間に余裕のない時は軽く地獄です。

絵本を用意しなくてはいけない

当然ですが、手元に絵本が必要になります。

それは買うのか借りるのかのどちらかになりますが、

買うのであれば費用が意外と掛かります。

借りるのであれば図書館などに行く時間がかかります。

しかも借り物は汚さないように気も使います…

読み聞かせがもたらす効果

ここまで読んで、絵本の読み聞かせ面倒!

ってなった方、きっと多いですよね。

でも、数をこなすことで次第に苦ではなくなってきますし、

購入するにもサブスクリプションのサービスなども出ています。

時間については、読む時間を夜寝る前などにすることで、

子どもは眠くなってきますので、いろいろと工夫は可能です。

そういった苦労をする見返り、ではありませんが、

絵本の読み聞かせは次の3つの良い効果をもたらしてくれるとされています。

母親のストレスが減

「育児ストレスインデックス(PSI)」と呼ばれる

心理検査を用いた調査によると

子どもの機嫌の悪さや、落ち着きのなさなどの

行動に起因して生じる母親のストレスが、

読み聞かせの結果、子どもの気持ちや行動が落ち着いたことで

軽減されたという結果が出ています。

子どもの言葉の力が伸び

3歳から6歳までの平均4歳半程度の子ども達に

「PVT-R絵画語い発達検査」と呼ばれる検査を行った結果、

およそ2カ月で6カ月相当の語彙の伸びが見られた

という調査結果が出ています。。

また、ブロックを動かす指示をだし、

こなせばこなすほど高い得点になる、

という「トークンテスト」の結果、

8週間で大きく得点が伸びたことから、

聞く力も伸びていると考えられます。

子どもの問題行動が減少する

「CBCL」というアンケートを行って母親から

子どもの問題行動の程度を聴取した結果、

子どもの不安や抑うつなどの問題が減っていることもわかっています。

読み聞かせのコツ

このように子どもにとってメリットがある

絵本の読み聞かせですが、こんな論文があります。

絵本 の読み聞かせに関するこれまでの研究では、どれだけ読み聞かせたかではなく、どのように読み聞かせたかが、子どもの言語発達や認知発達、読み書きの習得に影響することを明らかにしている(Scarborough & Dobrich, 1994)。そして、その影響関係を媒介するものとして、子ども自身の、読み聞かせに対する主体的、自発的な関わりも指摘されている (Fletcher & Reese, 2005)。

学力格差は幼児期から始まっているか ―しつけスタイルは経済格差を凌駕する鍵;日韓中越蒙国際比較調査―  より

要するにただ読んだだけでは効果的じゃないですよ、

ということです。

それではどのように読めばいいのか、ということになりますが、

一般社団法人 JAPAN絵本読み聞かせ協会代表理事の

景山聖子さんによると、

  • うまく読もうとしない
  • ページをめくったら、2秒は見せてから
  • 時には読み方をリアルにしない

というのがコツだそうです。

うまく読もうとしない

上手く読もうとすると、自分の方へすべての意識が向き、

子どものために読むのではなく、自己研鑽のためになるそうです。

結果子どもたちが集中せず、ちゃんと聞いてくれなくなるとのこと。

ページをめくったら、2秒は見せてから

読み聞かせの場合は、朗読とは違い、

「めくる」と「読む」を同時にせず、

あえて絵を見せる時間が必要とのこと。

イギリスのことわざに「1枚の絵は千の言葉に値する」

というものがあり、絵本に置き換えれば

絵にしゃべらせる、ということになるそうです。

そうして間を置くことで

子どもが、聞きながら心の中では、

「え?どうなるの?」「ほんとう?」「きゃ~~!」など、

としゃべりながら聞くことができるようになります。

時には読み方をリアルにしない

絵本の中に注射のシーンがあったとして、

それをあまりリアルに読んでしまうと、

子どもは怖がることがあります。

そこで注射を刺す表現を、柔らかい感じで読んだりすることで

「注射って怖くないなー」と思わせることになり、

実生活に役に立つこともあるそうです。

《参考》 景山聖子オフィシャルブログ ( ㈳JAPAN絵本読み聞かせ協会代表理事)

まとめ

最後に今までの話をまとめます。

絵本の読み聞かせは、慣れない内は非常に体力を

使って大変に思えますが、

  • 母親のストレス軽減
  • 子どもの語彙力・聞く力の向上
  • 子どもの問題行動の抑制

という効果が期待できます。

変にうまく読もうとせず、絵にしゃべらせることを

意識して読むことで、子どもを絵本の世界にぐっと

引き込んで、楽しんでもらえるでしょう。

時には何度も同じ本を読むことになって

大変な思いをすることもあるかと思いますが、

イライラしそうなときは、時には早く切り上げることも

大切です。

皆さんもぜひ、お子さんと一緒に絵本の世界を楽しんでください。

最新情報をチェックしよう!