ワンオペ育児の入浴法【0歳と3歳の場合】

子どもが2人になると出てくる悩みのひとつ。

それが「ワンオペ時の入浴」です。

多いのは、パパの仕事の終わりが遅くママがひとりで入れる

というパターンかと思います。

上の子がまだひとりで入浴できず、

イヤイヤ期の真っただ中でいうことを聞かない。

こういったケース、ありますよね。

我が家も上の子が3歳になったばかりの頃に

下が生まれたため、

私の帰宅が遅い日は妻がワンオペ入浴を

行ってくれていました。

今回はその時のやり方を紹介させていただき、

これからワンオペ育児を控えている方の

参考になれば幸いです。

※紹介するのは0歳、3歳、ママでの入浴です。

 上の子の年齢によって、この通りにいかないこともあると思います。

ケース1:ベビーバス入浴がある場合

事前の準備として、脱衣所に3人の着替えを用意しておきます。

浴室内に上の子が遊べるおもちゃなどがあるといいでしょう。

ベビーバス入浴が無くても、上の子がイヤイヤ期だったりすると

ほぼこの形になるかと思います。

手順ですが、

  1. ベビーバスにお湯をためる。
  2. 脱衣所にベビーラックやバウンサーで下の子を待機。
  3. 上の子を手早く洗い、湯船へ入れる。
  4. 下の子を気にかけつつ、ママがが自分を洗う。
  5. 下の子を入浴させる。
  6. 下の子の保湿などを行い着替えさせたら再びラックへ。
  7. 上の子を湯船から出し、着替えさせる。
  8. ママが着替える。

といった形で進めます。

ベビーバスのお湯は少し熱めにしておき、

入浴させるときに適温になるようにするといいです。

上の子を湯船に入れた後にお湯をためる、

というのもアリと思いますが、

脱衣所で下の子が待つ時間が少し長くなりますので

お子さんの期限に合わせて調整するといいかと思います。

ベビーラックやバウンサーが無い場合は、

長座布団などで代用しましょう。

ケース2:上の子が部屋で待てる場合

用意しておくものはケース1と同じです。

上の子がある程度大きく、イヤイヤ期でなければ

こちらの手順でも進められます。

  1. 上の子は動画視聴・おもちゃなどを利用して待機。
  2. 脱衣所にベビーラックやバウンサーで下の子を待機。
  3. 下の子を気にかけつつ、 ママが自分を洗う。
  4. 上の子を呼んで洗い、湯船へ入れる。
  5. 下の子を洗う。
  6. 下の子とママも入浴する。
  7. 下の子の保湿などを行い着替えさせたら再びラックへ。
  8. 上の子を着替えさせた後、ママの着替え。

前提として、

上の子を呼んだらちゃんと来てくれることが必要ですが、

この場合、ケース1よりはママが比較的余裕をもって

自分を洗えるかと思います。

もし呼んでも来ず、パパの帰宅が遅すぎない場合は、

そこまで入浴を先延ばしにしてしまう選択もアリかもしれません。

あると便利なもの

見てきたように、ワンオペ入浴は結構な

スピード勝負といいますか、

テキパキとした行動がキモになります。

そういった中で、少しでもママの負担を軽減できるものとして

有効なものを3点挙げました。

セラミックヒーター

冬場の脱衣所は寒くなりますので、

リビングや浴室内との間にかなりの

温度差が出る場合があります。

赤ちゃんはそういった温度変化ひとつ

で泣いてしまったりしますよね。

そういった場合は一時的に脱衣所を

温めるものがあると便利です。

セラミックヒーターは温風が出ますので

小さい空間を温めるのに向いています。

最近は脱衣所用の空調が付いている

ところも出てきていますが、

無い場合は購入を検討してもいいと思います。

バスローブ

上の子を湯船に入れたまま、

下の子を着替えさせるときなどにあると便利です。

何も着ずに脱衣所にいるのは結構つらいですので、

安価でもバスローブがあれば、寒い思いを軽減できます。

バスチェア

これについては正直、

我が家では使用しませんでしたが

あれば便利かと思ったので紹介します。

赤ちゃんの月齢に合わせて様々な形状がありますが、

赤ちゃんの体を洗ったあとに座らせておくことで

ママが余裕をもって体を洗えます。

まとめ

ワンオペ入浴はとにかくハードです。

経験してなくても想像は容易だと思います。

パパの立場からしても、ワンオペ入浴を

させることになる場合はかなり心が痛みます。

ですのでママへのケアですとか、

それ以外のところでのサポートは意識的に行いたいものですね。

最新情報をチェックしよう!