【デメリット】エジソンのお箸は正しい持ち方が身に付かない

子どもにとって食事でお箸を使うのは

とても難しいもの。

そもそも、お箸の難しさは大人になっても正しい持ち方が

身についていない人もいるほどです。

そこで役に立つのが“エジソンのお箸”

リングがついていて、指をそのリングに入れて持つことで、

子どものお箸の練習になるという商品です。

しかし、そんなエジソンのお箸ですが、

「正しい持ち方が身につかないのでは」

という話が耳に入ってくるようになりました。

今回は正しい持ち方が身につかないといわれる理由に

注目してみたいと思います。

エジソンのお箸とは

エジソンのお箸は2本のお箸が連結されており、

正しい持ち方ができるようになるまでにありがちな

2本がクロスしてしまうのを防いだ商品です。

また3つのリングがついていて、指を入れるだけで

簡単に食べ物をはさむ動きができるため、

低年齢からお箸に慣れさせることができると人気の商品です。

エジソンのお箸のデメリット

一見メリットばかりのエジソンのお箸ですが、

実はこのお箸しか使えなくなるというデメリットがあるようです。

つまり通常のお箸が使えない、という状態ですね。

正しい持ち方が身につかない

通常のお箸を使えなくなる理由としては

  • 簡単にものをつかめてしまうので、難しい通常のお箸を嫌がってしまう
  • 親も使えていると見えてしまうので、放置しがち

というものです。

リングがあるため、多少間違った力の入れ方になっていても使えてしまうので、

いざ本来の箸にした際、変な癖がついてしまっていると移行に苦戦します。

ですが、エジソンのお箸ではきちんと食べられているので、

力の入れ方が間違っているかどうか、気が付きにくいのです。

正しい練習の仕方

エジソンのお箸は「お箸で食事をする」ということに慣れさせるには

とても優秀な商品です。

しかしリングに頼りすぎる可能性があるため

正しいお箸の持ち方をマスターできるものとは言えません。

では早い段階でマスターさせるには、

どのようにお箸のトレーニングをしていけばいいのでしょうか。

スプーンの次にいきなりお箸

それはエジソンのお箸を使わないことです。

もちろんエジソンのお箸を使っても

問題なく通常のお箸へ移行できる子どももいます。

ですが保育所等では、そもそもエジソンのお箸を使わずに

スプーンからお箸への移行をトレーニングしています。

具体的には

  1. スプーンの上もちでしっかり口に食べ物を運ぶことを習得させる
  2. スプーンで三点もち(鉛筆もち)ができるようにする
  3. 通常のお箸に持ち替えて練習する

というステップを取るのです。

こうすることで、指先でしっかりとお箸を保持できるようになり、

徐々に使い方を身につけていくことができます。

もちろん最初はうまくいかないのが当たり前なので、

短時間の使用から、遊び感覚で練習するのが良いでしょう。

まとめ

今回はエジソンのお箸を使うデメリットを紹介しました。

保育所でエジソンのお箸を使わないのは、

そもそも価格が高価で全員分をそろえるのが

難しいという事情もあるようです。

ですが、使わなくてもしっかり習得することができる

ということだけは覚えておくといいと思います。

エジソンのお箸は

  • 正しい持ち方が身につくものではない
  • 通常のお箸への移行が長引くかもしれない

ということを念頭に置いて、使うようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!