【子どもの洋服】サイズ選びで失敗しないために

子どもの洋服って、すぐに

サイズが合わなくなりますよね。

ついこの間買ったばかりの服が

窮屈そうに見えるなんてのはよくある話。

2人目の予定がある方は、お下がり用に保管する場合も

あると思いますが、性別が合わないと無駄に終わることも…。

今回の記事では、悩みがちな子ども服のサイズについて

選び方の目安を紹介していきたいと思います。

サイズの選び方

身長に合わせたジャストサイズを

サイズの選びは基本的にジャストサイズを選択しますが、

間違えないようにするには、

お子さんの身長をこまめに把握しておく必要があります。

大人のように「S」「M」「L」ではなく、

身長の数値がそのままサイズの表記になっているためです。

年齢サイズ
0歳~60
1歳~80
2歳~90
3歳~100

子どもの体の大きさは定期健診で教えてくれます。

また、授乳室がある商業施設などには

測定のための器具が用意されていることもあります。

小さな子どもは身長を図るのがなかなか大変だとは思いますが、

利用してみるのも良いでしょう。

海外製の表記(アメリカ・ヨーロッパ)

日本製品の場合はおおむね5または10刻みで

商品のラインナップが用意されていますが、

海外製となると少し変わってきます。

アメリカ製の場合

アメリカの場合は「3m」「6m」「12m」…といった形で、

月齢を基準とした表記になっています。

月齢、つまり「m」は「months」のmを取っているんですね。

コストコなんかで売られているものをみると

この表記をよく見ることができます。

注意点としては、当たり前ですが

必ずしもその月齢のサイズを着せなくてはいけない

ということではありません。

ヨーロッパ製の場合

またヨーロッパでは日本と同様に身長基準で表記されています。

ただし、6㎝刻みでのラインナップになっていることが多いようです。

こちらについては私が現物を見たことがないので、

調べただけの情報であることをご了承ください。

海外製を選ぶ際は、基準となる体格が違っている点にも

注意して選びましょう。

大きめを選ぶ場合

すぐ大きくなるから…

とワンサイズ大きいものを買おうと考えることはよくあることです。

ただし以下のデメリットに注意が必要です。

子どもの動きを妨げてしまう可能性

ワンサイズ大きくして困るアイテムとして、

長袖や長ズボンがあります。

丈が合っていないと、手や足がしっかりと出ず、

動き回れる子どもはでズボンのすそを踏んで転倒

ということもあり得ます。

どうしてもワンサイズ大きいものを選びたい場合は、

半袖、ハーフパンツなどのアイテムで行いましょう。

見た目が不格好になってしまう可能性

大人の場合と同様、合わないサイズを着ていると、

どうしても見た目に着られている感が出たりします

家の中で着るようなものは、まだいいと思いますが、

外に着ていくものはやはりジャストサイズを選んであげましょう。

先ほど挙げた半袖など、アイテムによっては問題ないものもあります。

下に着こむケースが多いカーディガンなどは

少し大きいものにしないと、逆に窮屈なこともありますので、

試着をしてみて、子どもさんの反応を見てみることも考えましょう。

着られなくなってもったいないと感じる方へ

サイズ選びからは少しずれてしまう話題ですが、ひとつだけ。

これまで触れてきたように、

基本的にはジャストサイズを選択するのがベストです。

しかし、中にはすぐに着られなくなってしまうことに

「もったいない」と感じる方もいると思います。

そこで、そういった「もったいない」という気持ちが

軽減できるサービスがありますので紹介します。

KIDSROBE(キッズローブ)

KIDSROBEは、着られなくなった子供服を

ユーザー同士でシェアする子供服シェアリングサービスです。

月額980円(税込み)+送料(1回配送400円)で、

いわゆる“おさがり”の子ども服を

10着借りられるという内容になっています。

汚れても返却可能ですし、気に入ったらキープも可能。

捨てることが無いので、もったいないと感じる方には向いていると思います。

もちろんランダムに送られてくるわけではなく、

自分で写真付きのリストから選択する形になっていますので、

普段使いの子ども服を用意するのに向いているサービスです。

本当に子どもが気に入ったデザインの服は新品を購入するなど、

購入とシェアサービスの組み合わせも考慮してみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、子ども服のサイズ選びについて紹介しました。

まとめると、

  • 子どもの身長はこまめに測ろう
  • 基本的にはジャストサイズを
  • 海外製は基準の違いに注意
  • 大きめを選ぶときはアイテムに注意
  • 捨てるのがもったいないと感じるならシェアサービスを利用

といったところでしょうか。

お子さんのことは写真や動画に撮ることも多いでしょう。

そういったときに、体に合っていない服を着た状態で

記録が残ってしまうのは何だがちょっと気の毒です。

ぜひ、しっかりと合ったサイズの洋服を着させてあげましょう。

最新情報をチェックしよう!