子供靴の中古品は注意!新品を使って、その後は買取へ

年々大きくなる子どもの足。

たいして履かないうちにサイズアウトしてしまい、

困っている方も多いかと思います。

そんな時に安価で魅力的なのが、中古品の靴。

子どもが履いてさえくれれば、金銭的な負担も少ないので

利用している方も多いと思います。

ですが洋服とは違い、

靴には中古ではマズい事情があるのです。

最悪の場合子どもの成長に悪影響が出てしまいます。

できるだけ新品を買って、サイズアウトしたら買取に出す。

このやり方をおススメしていますので

その理由を紹介していきます。

子どもの足は大人とは違う

子どもの足は形が決まってしまった大人とは違い、

骨が完全に固まっていませんし、間接も柔らかくなっています。

そのため、履いている靴による良い影響だけでなく、

悪い影響も受けやす状態です。

歩き方に悪い癖がついてしまうと、

外反母趾などの障害の原因となってしまいます。

中古品のデメリット

子どもの足は1年で1㎝大きくなっていくといわれています。

そのためすぐサイズが合わなくなってしまうということは

よくあることです。

しかしだからと言って安価に入手できる中古品でいいか、

と考えてしまうのは子どもにとって良いことではありません。

それは次のような理由があります。

ソールにクセがついている

大人でも実感したことがあると思いますが、

靴のソールは全体が同じ速度で減っていくわけではありません。

通常はかかとのやや外側から減っていきますが、

人によって、かかとの内側の減りが早かったり、

母指球のあたりが早く減ったりします。

このようにすでにソールが減っている状態で履くことになるため、

理想とされる歩き方からどんどん離れて行ってしまいます。

型崩れしている

また泥汚れなどを洗ったことのあるスニーカーですと、

全体的な形が崩れていることがあります。

うまく足の形にフィットしていない靴は

転倒によるケガのリスクを高めてしまいます。

靴の選び方

中古の靴を履くデメリットを挙げてきましたが、

新品で足の長さが合っているなら何でもいいかというと、

そうでもありません。

足の幅や甲の形もみなそれぞれ違うため、

その形に合ったものを選ぶ必要があります。

ですが、子どもに試しに履かせてみたところで、

子どもには良い悪いの判断をさせるのは至難の業。

まずは親がしっかりとサイズを測ってあげることが必要です。

ゲンキ・キッズで足形計測

サイズを測るのは自宅でもできますが、

子どもが動いて目盛りが読みにくいなど、大変な面も。

そんな時におススメしたいのが

足形測定器による計測です。

なかでも老舗シューズメーカーの株式会社ムーンスターが

バックアップする『ゲンキ・キッズ』には独自の足形測定器

“フッ撮る”が置かれているのでおススメです。

店員さんに頼めば簡単に測定でき、

選び方のアドバイスも受けられますよ。

店舗もイオンモールなどの商業施設を中心に展開していますので、

お出かけのついでに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

サイズアウトしたものは買取に出しましょう。

新品を買う場合のコストが気になる方は、

サイズアウトしたものを他の洋服などとまとめて、

買取サービスに出してしまうのが良いと思います。

こちらの記事ではおススメしていない靴の中古品ですが、

ニーズがあるのも事実。

あるものは利用してしまいましょう。

近くのリサイクルショップに出すもよし、

キャリーオン』などのオンライン買取サービスに出すもよし、

メルカリなどのフリマアプリに出品するもよし。

やり方はいろいろありますよ。

まとめ

今回は子どもに中古品の靴を与えるのは

おススメしませんよ、というお話でした。

形が崩れた靴は

形の定まっていない子どもの足に

悪影響が出る可能性があります。

ほとんど新品に近いようなものや、

普段使いしないような靴であれば

必ずしも中古がダメとは言いません。

しかし、これからの長い将来を考えた時、

子どもが健康に動き回れるような状態を

保ってあげられるようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!