子どもの料理のお手伝い【最初は一緒にサンドイッチを作ろう】

タイトル「子供の料理のお手伝い」

キッチンでお料理をしていると、子どもが近くに寄ってきて

「わたしも(ぼくも)やりたい!」

と言ってくること、ありませんか?

どの作業を手伝ってもらったらいいのかわからなくて

ついつい「ありがとうねーちょっと待っててねー」

みたいな感じでごまかしてしまうこともあるかと思います。

そもそも料理の手伝いって何歳くらいからできるんでしょうか。

今回は、年齢別にお手伝いしやすい作業を紹介するとともに、

最初のお手伝いとして簡単な「サンドイッチ」が作れる本を紹介します。

お手伝いをしてもらう効果

お手伝いをしてもらうことは、

  • 任されたことを達成できたことで自信がつく
  • ものに触れるたり動かすことが手指の発達につながる

などのメリットがあります。

コミュニケーションのひとつになることも、

お手伝いをしてもらう利点です。

年齢別まかせやすいお手伝い作業

1~2歳

この年齢はまだ、食材に触ったりする作業は

なかなか難しいかもしれません。

しかし、

  • 割れない食器の用意や片づけ、
  • 使った食材の包装を捨ててもらう、

というような作業はまかせやすいかと思います。

お手伝いというより、遊びに近い感覚でお願いしてみると

楽しんでやってくれるかもしれませんね。

3歳

このくらいの頃になると、

料理に対しての興味も少しずつわいてきます。

おもちゃのおままごとセットなどが好きになる子どもも

多いでしょう。

  • ホットケーキの材料をかき混ぜる
  • レタスなどの葉物をちぎる、トマトのへたをとる

などの作業であれば失敗も少なく、子どもも理解しやすいかと思います。

おにぎりを丸めるようなことも、

簡単でありながら料理としてちゃんと完成するので

子どもの満足度も高くなります。

4歳

4歳ともなるとそれなりに細かい作業もできるようになってきます。

失敗も多いかもしれませんが、

卵を割るような作業をまかせてもいい頃と言われています。

また、ハンバーグのタネをこねるような作業も

食材の温度や感触を手で感じることができておススメです。

5歳

早い子だと、包丁を扱えるようになってくる年齢です。

包丁が危ないものだと理解できていれば、

歯がついていない子ども用の包丁から試してみましょう。

柔らかい食材を、押しつぶすような感じで切るのが

最初のステップとしてはやりやすいです。

ただ最初の何回かは、まかせるというよりもしっかり横で

見ていてあげる必要があります。

最初はサンドイッチがおススメ

2歳くらいからでも一緒にできる料理としておススメなのが

サンドイッチです。

  • Pasco『超熟サンドイッチ用』
  • ヤマザキ『ロイヤルブレッド サンドイッチ用』

なんかを用意して、食材を乗せていくだけなので

まず失敗しないです。

具材の用意は親がやってあげてください。

『サンドイッチサンドイッチ』

福音館の『サンドイッチサンドイッチ』という絵本があります。

読み聞かせする絵本でありながら、

絵本のストーリ-通りに食材を乗せれば、

ちゃんとサンドイッチが完成します。

我が子も、この本をひらきながらサンドイッチを作ったのが

はじめての料理になりました。

イラストもデフォルメされていないので、

子ども目線でも目の前のリアルな食材と同じものを

乗せていくことが簡単にできますよ。

まとめ

子どもの料理のお手伝いってどんなことができるか不安ですよね。

大人と一緒で、最初から難しいことはできませんから、

料理の手順も細かく分けて、失敗が少なそうなものから

少しづつレベルアップしていきましょう。

失敗した時に怒ったりしてしまうと、トラウマになって

やってくれなくなったりもしますので注意です。

まずは一緒にサンドイッチから始めるのがおススメです。

タイトル「子供の料理のお手伝い」
最新情報をチェックしよう!