保育士を未経験から目指す方法 実習なしでも問題なし!

ほめられて嬉しい子供

「子育てもひと段落したし、職について社会復帰したいな…」

「子育ての経験を活かして、保育士ってどうだろうか」

このように考える方は少なくないようです。

保育士といえば大学・専門学校などの授業や実習を経て

保育士の資格を取るのが一般的なイメージかと思います。

かつての「保育園落ちた日本死ね」の騒動からもわかるように

保育士自体の不足は良く知られているところではありますが、

未経験から保育士の資格を取ることは可能なのでしょうか。

答えはYESです。

現場での実習を経なくても、保育士の資格を取ることは可能です。

今回は未経験から保育士になるための資格や

必要な手続きについてまとめました。

そもそも保育士とは

0歳~小学校にあがる前までの幼児を保育する保育士。

児童福祉法上では以下のように定義されています。

保育士とは、第十八条の十八第一項の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。

児童福祉法 第18条の4 より

保育士となる資格を有する者が保育士となるには、保育士登録簿に、氏名、生年月日その他厚生労働省令で定める事項の登録を受けなければならない。

児童福祉法 第18条の18第1項より

簡単にいうと、

  • 保育士資格を持っている
  • 保育士登録簿に登録がされている

これらを満たした人のこと、というわけです。

児童の保護者に対しても保育に関する指導をする、

と定められているところから

この分野のエキスパートであることもうかがえます。

保育士資格の取得方法

保育士になるには保育士資格が必要であることはわかりました。

では、その資格を取得するにはどうすればよいのでしょうか。

保育士養成校を卒業する

方法のひとつは、厚生労働省指定の保育士の養成学校を卒業することです。

具体的には大学、短大、専門学校などの事を指します。

必要な単位を取得することで、最短2年で資格の取得が可能です。

コチラを選ぶメリットは試験に合格する必要がないこと。

デメリットは時間と費用がたくさん掛かってしまうことです。

学生の時から「保育士になりたい」と明確に

考えている人はコチラが近道ですね。

国家試験の保育士試験に合格する

もう一つは各都道府県で年に2回開催されている

保育士試験に合格することです。

この形であれば通信講座などで知識の習得をします。

その代わり、学生のように現場実習のようなものは無いですが、

試験内容に実技がありますので、一筋縄ではいきません。

合格率は大体2割程度だそうです。

1次試験の筆記、2次試験の実技試験を順に突破した人が、

晴れて保育士資格を取得、ということになります。

受験資格

また、この試験にも受験資格が存在します。

  • 4年制大学を卒業
  • 4年制大学で2年以上在籍し、62単位以上取得
  • 短大、専門学校を卒業
  • 中学または高校を卒業後、児童福祉施設などで2年以上勤務

これらのいずれかを満たしている必要があるのです。

以前タレントのつるの剛士さんが試験に挑戦しようとして、

受験資格がないことに愕然としたという話題が出ました。

その後、短大に合格されたようですが、

この受験資格については、緩和すべきか否かの

議論がなされています。

『保育士登録』も忘れずに

晴れで保育士資格が取得できたら、保育士登録簿への登録しましょう。

登録事務処理センターに申請書を提出し、

手数料を支払うことで審査が行われます。

審査が無事に通れば、およそ2カ月程度で保育士証が

発行されますので、あとは職場を探すだけとなります。

いざ就職活動へ

ここまできてようやく職場を探す段階になるわけですが、

結構長い道のりでしたね。

職場の探し方はいろいろあると思いますが、

マイナビ保育士などのサービスを利用することで、

たくさんの求人を見つけることができます。

いくつかに登録して、自分に合った職場を見つけていきましょう。

まとめ

以上、保育士になる方法についてまとめてきました。

保育士試験に合格することができれば。

未経験からでも保育士になる道は開けます。

ただし、冒頭で書いたような

「子育ての経験を活かして保育士をしたい」

と思うのであれば、これだけのことを

クリアする覚悟が必要です。

じっくり腰を据えて取り組んでいきましょう。

ほめられて嬉しい子供
最新情報をチェックしよう!