【赤ちゃん用】我が子にウケた、おススメおもちゃ5選【Fisher-Price・Sassy他】

  • はじめて赤ちゃんを迎える方
  • 出産のお祝いにおもちゃを送ろうと考えているけど選んだ経験がない方

にとって、「どんなおもちゃを選ぶべきか」というのは避けて通れない悩みですよね。

 おススメのオモチャの記事って結構ありますけど、15選だの30選だのやたら数ばっかり多くて、使ってみて選んでいるという記事は少ないように思っていました。(たぶんちゃんとあるとは思うけど…)

 なので、「私は実際に使って我が子にウケた商品を紹介してみよう」ということで5つに絞って紹介します。※ちなみに我が子は3歳8か月と0歳7カ月の子(どちらも男の子)です。

 もちろんウケるウケないは個人差ですので保証はできませんが、使った反応の一例としてお読みいただければ幸いです。

 紹介する商品は以下の5つ。

  • フィッシャープライス レインフォレスト デラックスジム K4562
  • Sassy 歯固めラトル バンブル・バイツ・ファン TYSA80679
  • トイローヤル やわらかコロリンチャイム No.3192
  • フィッシャープライス バイリンガル・スマートフォン X7026
  • オーボール ラトル&ロール

 それではレビューへいってらっしゃい!

レインフォレスト デラックスジム

レインフォレスト デラックスジム
  • ブランド名:フィッシャープライス(Fisher-Price)
  • 対象年齢:0カ月~
  • 品番: K4562

  マットの中央に赤ちゃんを寝かせて使います。

 頂上部にはスイッチが2種類ついていて、片方は音楽、鳥の鳴き声、振動で一定時間音楽を再生、の3パターン切り替えを、もう片方は音量を切り替えられます。ただ蝶の部分は自動で回転したりはしませんのでご注意。

 マットは薄く、クッション性は皆無なので、フローリングの上で使う場合は下に毛布か何かを敷いてあげるといいと思います。

 取り外しのできるおもちゃが5種類ついており、興味を持っていそうなものを手の近くにもっていくなど、融通が利く仕様になっています。

 難点としては寝がえりが始まるとアーチの部分や低い位置に取り付けたおもちゃが邪魔になって泣く原因になったり、ズリ這いが始まるとここに留まることは少なくなるため、長い期間は使えないことでしょうか。 お値段がそこそこするだけにそこは残念です。(我が家は贈り物でいただいたので助かりました…)

 音やおもちゃがそれぞれ興味を引くのか、我が子はどちらもこれでひとり遊び?を良くしてくれましたので、遊んでくれている間は家事を進めたりしやすかったです。

 デメリットも多いですが、それ以上に「○○に興味が出てきた!」「届かなかった場所に手が届くようになった!」などと日々の子どもの成長を見ることができる点はメリットだと思います。

バンブル・バイツ・ファン

バンブル・バイツ・ファン
  • ブランド名:サッシー(Sassy)
  • 対象年齢:3カ月~
  • 品番: TYSA80679

 いわゆる歯固めのためのオモチャですね。

 カラフルな色使いで、感触もデコボコやつるつる、冷蔵庫に入れておいてのひんやりが楽しめる仕様になっています。

難点としては水洗いができず、固く絞ったタオルでの手入れが推奨になっていること。うちはウェットティッシュでやってましたが、かじる・なめるが基本で洗う機会が多いのでそこはやや残念です。

 黄色と黒が目を引くのか、目の間で動かしてやるだけでも目で追ったりしてくれます。我が家ではどちらの子もお気に入りの部位がそれそれあって、同じ場所だけカミカミしていました。

やわらかコロリンチャイム

やわらかコロリンチャイム
  • ブランド名:トイローヤル
  • 対象年齢:3カ月~
  • 品番: No.3192

 こちらも歯固めのためのオモチャですね。商品名の通り振るとリロリロ~と音が鳴ります。

 写真は中央が水色ですが、裏面は周りと同じピンクになっています。

 難点としては真ん中の穴の部分にゴミが入ることですが、丸洗い可能なのでこまめに手入れすれば問題ないかと思います。

 まだ手に持てない月齢の時でも、目の前でくるくる回して色の変化を見せたり、音を鳴らしてやることであやすのにも使えます。

 持ち手が細く柔らかい作りの為、握りやすいのもグッドです。

バイリンガル・スマートフォン

 バイリンガル・スマートフォン
  • ブランド名: フィッシャープライス(Fisher-Price)
  • 対象年齢:6カ月~
  • 品番: X7026

 赤ちゃんがほぼ100%興味を持つであろう、親が操作しているスマートフォン。それを模したオモチャはこれに限らずとてもウケがいいと思います。

 全11種のボタンがあり、押すと各パネルがリズミカルに発光。サウンドは主に歌が流れる仕様で、英語と日本語2パターンで流れます。

 難点なのはちょっと重さがあり、対象年齢の6カ月でも自力で保持を続けるのは難しいことがあるかもしれません。実際我が子もよく落とします。

 メリットは 何度か落としているものの意外と壊れない丈夫さと、何と言っても長く遊べること。

 最初は光って音が鳴ることを楽しいようで、手にもっては指に近いボタンを押したりします。上の子はしばらく触らない時期もありましたが、ABCの歌などを覚えてからはまた触り出しました。音声のマネをして遊んでいます。所有権を下の子に移したかったのですが、まだ自分のだと言い張ります(笑)

オーボール ラトル&ロール

オーボール ラトル&ロール
  • ブランド名:オーボール(Oball)
  • 対象年齢:0歳~(だいたい6~7カ月くらいまでは持てません)

 手でつかみやすいシンプルな造りになっているため、手転がしをするおもちゃとしては最適なのかな~と思います。

 タイヤの内側の丸い部品はタイヤを回すとカラカラと音を立てて動きます。

 柔らかい素材とうたわれていますが、網状のボール部分以外は結構硬いプラスチックです。ブンブンと振り回すような使い方はけがをしたり、家の中を傷つけたりする可能性があるため、お子さんの使い方には注意を配っておくのがいいかもしれませんね。

 やはり男の子だからなのか、動くものには非常に興味を持つようですね。我が子は下の子も最近になってこれにハマりだしました。これを目掛けて初めてのズリ這いをしたくらいです。

まとめ

 以上、3歳8カ月と0歳7カ月の男の子を持つ父親の、赤ちゃん用オモチャレビューでした。

 正直子どもができるまで、Fisher-PriceとかSASSYとかいうブランドは全く知りませんでしたが(おもちゃと言えばタカラトミーとバンダイ!)、世に出回っている赤ちゃん用おもちゃの種類に驚いた記憶があります。

 感想が言葉で帰ってくるわけではない赤ちゃんのオモチャ選びは悩みますよね。なので最後にここで私が実践した無駄なものを買わないコツを紹介します。

 これは自分の子に買うときにしか使えませんが、中古販売店に行って同じまたは似たような商品を見せて、興味がなさそうなら買わない、ということ。

 親の立場から、こういうのに興味を持ってほしいとか欲望が出てくると思いますが、そんな形で購入を続けていたら、使わないおもちゃの山になってしまうことが目に見えています。

 ぜひ面倒でも実物を見せての反応で決めてほしいなと思います。

 まとめになっていないですが、今日の記事はここまで。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!